Slim Body

ダイエットサプリ診断

ダイエットサプリは本当に痩せるの?種類別に痩せるサプリの効果を徹底検証

ダイエットサプリは本当に痩せるの?種類別に痩せるサプリの効果を徹底検証

もっとラクに体重を落としたい!体を引き締めたいという方はダイエットサプリを試してみましょう。糖質カットしたり脂肪を燃やす力を高めるので、つらいダイエット期間のお助け的存在に。

でもCMや広告で目にする、飲むだけで痩せる、といった宣伝コピーは嘘っぽい……と思いませんか?確かに、痩せ成分はほとんど入っていないのでは、というあやしい商品も多数あります。

対してこちらのページでは、配合している成分に、実際に痩せ効果がみられたというデータに基づいたものばかりご紹介しています。本当におすすめできるダイエットサプリの決定版ともいえますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

脂肪を燃やす?カロリーをカット?ダイエットサプリを5種類、効果別にチェック

脂肪を燃やす?カロリーをカット?ダイエットサプリを5種類、効果別にチェックテレビや雑誌でも、痩せるサプリといったらコレ!と次々に紹介されるため、正直、何を選んだら良いのか分からなくなりそうですね。

実は、体重を減らす、体のラインを美しくしたいといった目的は一緒でも、サプリに含まれる成分によってダイエット効果の現れ方には違いがあります。痩せ効果がある成分や体の中でどんなふうに効くのかといった部分に着目して、これから解説していきます。

1.「燃焼系サプリ」たまった脂肪を溶かして流す!

「燃焼系サプリ」たまった脂肪を溶かして流す!二の腕やおなかのお肉が気になる、またはお腹だけポッコリを解消させたい人は、脂肪をメラメラ燃やしてくれるこちらの成分が入ったサプリがおすすめです。

【イソフラボン】葛の花にある痩せ成分

葛(くず)と聞くと、体を温める葛湯などを想像しますが、こちらはその花に含まれるイソフラボンに脂肪燃焼効果があります
もっとも、その効果が見られるのは日本で育つ種類ではなく、東南アジアに自生する野生種「プエラリア・トムソニー」にある、テクトリゲニンというイソフラボンに限定されるそう。

この葛の花イソフラボンには、脂肪を分解し褐色脂肪細胞を活性化するというはたらきがあります。
褐色脂肪細胞は熱を発して栄養をエネルギーに変えますが、食べすぎてエネルギー過多になると肝臓で脂肪が合成されてしまいます。
葛の花イソフラボンは、なんとその脂肪を合成させる遺伝子をはたらきにくくさせるといった、脂肪を分解&抑制というダブルの効果があるのです。(参考:東洋新薬 日本初「ウエストサイズやお腹の脂肪が気になる方」向けの特保許可取得 ―『葛の花エキス™』を関与成分とした粉末飲料の特保 ―

また、葛の花由来イソフラボンが含まれるサプリ「シボヘール」にも内蔵脂肪、皮下脂肪が減少したというデータが載っています。(参考:シボヘール公式サイトより

【防風通聖散】お腹まわりが気になる人に

防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)は、すでについてしまった脂肪を落とす漢方薬として知られています。

  • 甘草(カンゾウ)、連翹(レンギョウ)他:脂肪細胞を活性化して燃焼させる
  • 大黄(ダイオウ)他:代謝を上げて老廃物を流す

といった、体のめぐりを良くする18種類の生薬が配合されており、摂りすぎた脂質を便と一緒に排出させる効果も認められました。

もともと漢方医学の考え方で人の体は、

  • 気・血・水(エネルギー、血液、体液)の過不足がなく
  • 内臓と調和してはたらいている

といった陰(不足)、陽(過剰)の均衡が保たれていることで健康とみなされます。
そんな中、防風通聖散が合う人は体のエネルギーが過剰な傾向が見られるそう。食事も脂肪たっぷりのものをたくさん食べる、といった食生活の乱れが多く見られるのもこのタイプ。

内臓の熱を下げデトックス効果が狙える生薬配合成分として、防風通聖散はEGタイトLightのような多くのサプリにも使用されています。(参考:小林製薬/お腹の脂肪を落とす漢方薬“防風通聖散”に余分な脂質を便と一緒に押し出す効果を新発見

【フォルスコリン】ダイエット時の基礎代謝をキープ!

インドが原産の植物、学名コレウス・フォルスコリ。根の部分にフォルスコリンという薬用成分が含まれていて、1970年代には心臓や肺の病気に効果がある医薬品として認められていました。

さらにフォルスコリンは健康維持の他にも脂肪を減らす効果があると、2006年にアメリカの薬学会から発表され注目を浴びています。実際にフォルスコリンを用いると、

  • 細胞膜にあるアデニル酸シクラーゼという酵素を活性化
  • 情報伝達物質であるcAMPが作られる
  • cAMPが交感神経に作用して、細胞のエネルギー代謝機能を高める
  • 筋肉や骨を丈夫に保ちながら、体脂肪を落とす

といった効果がみられます。

すなわち、ダイエット効果を左右する代謝の低下を落とさず、効率良く脂肪を燃やすことができるのです。国内でサプリとして発売している主なメーカーがDHCで、臨床研究もおこなわれています。(参考:DHC『フォースコリー』の有効性の研究について

【カルニチン】脂質の分解に効く!

カルニチンは、脂肪を燃やすには欠かせないアミノ酸の成分。
体のほとんどの細胞に見られ、特に体を動かす筋肉である骨格筋や、心臓にある心筋に集中して存在しています。

カルニチンには、褐色脂肪細胞を活性化し、脂肪分解酵素、リパーゼを分泌させるといったはたらきがあり、たまった脂肪をエネルギーになりやすい遊離脂肪酸に変換させます。
その遊離脂肪酸が細胞内のミトコンドリアに入って初めて脂肪が燃焼されることから、カルニチンが体の中に充分に足りていれはダイエットの効率をぐっと上げることになりますね。

カルニチンは肉類のたんぱく質に多く含まれていますが、バターやチーズといった乳製品に含まれる共役リノール酸と一緒に摂ることでより脂肪を燃やす効果が認められています。
日ごろ炭水化物の食事が多い、また体内のカルニチン量が減ってしまう成長期以降は、積極的にサプリでも補いたいところですね。(参考:健康美容EXPO公式サイトより

2.「カロリーカットサプリ」糖質、脂質を排出!

食べた物が体脂肪に変わってしまう前になんとかしたい!気づかぬうちにカロリーカットしてくれるサプリはないかな、という方は食事と一緒にこちらを飲むのがおすすめ♪

【ギムネマ】天然の糖分オフサプリ

ギムネマとは、元はインド原産の「ギムネマ・シルベスタ」という多年草のことです。葉の部分から抽出されたギムネマ酸の、さらにその中にあるグルクロン酸糖の吸収を抑えるのに活躍してくれます。
詳しくは、

  • 甘味を感じる舌の部分(受容体)を麻痺させる
  • 同じく、腸内でも糖を吸収する受容体のはたらきを抑える


といった効果があり、糖質の吸収を遅らせて、外に排出しやすくしてくれます。
糖質が腸の中でゆっくり処理されることで、

  • 血糖値の急上昇もふせぐ
  • 脂肪の吸収を抑える効果も認められている


といった健康効果も同時に得られることに。
しかもギムネマは食べ物の甘味をすぐに消す訳ではなく、1~2分ほど経ってからという時間のズレがあり、一度効くと1時間はその状態をキープしてくれます。炭水化物を摂る時や、甘い物をたまにはじっくり味わいたい、という日にはギムネマの出番になりそうですね。(参考:生体の糖受容と植物配糖体ギムネマ酸 – J-Stage

また大人のカロリミットでも「臨床試験済みだから実感できる!大人のカロリミットの3つの機能」として、詳しいギムネマ効果のデータが紹介されています。(参考:ファンケル公式サイより

【サラシア】少量でも糖質ブロック効果大!

学名はサラシア・レティキュラータといい、インド南部一体の熱帯地方に自生するニシキギ科の植物です。およそ5000年も前からぜんそく、リウマチの治療の他、糖尿病の特効薬として使用されてきました。現代でも、サラシアに含まれるサラシノールやコタラノールといった有効成分糖質の吸収を抑えるとして脚光を浴びています。

そのしくみは、通常、食事をして腸の中に糖質が入ってくると、

  • α-グルコシダーゼという酵素によって分解される
  • 吸収されやすいブドウ糖の形になる
  • 小腸から吸収され、血液中に入る

という流れで体に取り込まれます。

そこにサラシノールが作用することによって、

  • α-グルコシダーゼの活性化をブロック
  • 糖質の分解を抑えるため、糖自体が吸収されにくい大きさを保つ
  • そのまま腸の中を移動し、排出しやすくする

といったはたらきが見られます。
血糖値を上げづらくする効果はもちろん、大腸の善玉菌を増やす元にもなり、サラシア茶を飲んで便秘予防にする人も多いです。(参考:スリランカ有用植物サラシア・レティキュラータ (Salacia reticulata) 水抽出物のラットおよびヒトの食後過血糖に及ぼす作用

ちなみに富士フィルムの「メタバリアS」サプリは、サラシアがメインの機能性表示食品として日本で初めて認可が降りている商品です。「サラシノールの機能性」として食後血糖値の変化や、腸内にビフィズス菌が増える比率をデータとして公開しています。(参考:メタバリアS公式サイトより

【キトサン】脂肪を流してくれる健康食品

食事から摂った脂肪とコレステロールを吸着して、体の外に排出しやすくさせるキトサン。
由来はカニ、エビなどの殻にある食物繊維というのが主なイメージですが、キノコ由来の植物性キトサンという種類もあります。
通常、脂肪分が体に入ると、

  • すい臓からリパーゼという消化酵素が分泌される
  • 脂肪を分解する
  • 体に吸収される

という作用が起こります。
そこにキトサンが加わることで、脂肪を分解するリパーゼの活動を阻害して、そのまま体の外に出しやすくしてくれるのです。

また、通常は細胞膜の材料にもなり体には欠かせないコレステロールも、たまりすぎると高血圧などの病気や肥満につながりやすいもの。キトサンはそんな血中の余分なコレステロールも低下させる効果があると、特定保健用食品として認可を受けています。(参考:キノコキトサンのダイエット効果の検討-台湾における臨床試験を含めて-

編集部Voice
パンやご飯、ファーストフードも糖質と脂質たっぷりで、一度に断つのはつらいですよね。外食でも友達が食べているのをガマンして見ているなんて耐えられません!ここぞという時に、カロリーカットサプリのチカラを借りちゃいましょう♪

3.「乳酸菌サプリ」痩せ菌を増やし、脂肪をためない

「乳酸菌サプリ」痩せ菌を増やし、脂肪をためない一見、ダイエットに遠回りなようでも、乳酸菌を摂ることで体の内側から痩せ体質に変わることができます。もともと腸内には善玉菌や悪玉菌、といった腸内細菌がいますが、そのどちらでもない日和見菌の中に、デブ菌と呼ばれるフィルミクテス門と、ヤセ菌と呼ばれるバクテロイデス門というグループがいます。

フィルミクテス門には糖類を代謝する作用があり、腸壁からどんどんエネルギーを吸収してしまう性質があります。逆にバクテロイデスといったヤセ菌が増えると、糖や脂質をたくわえようとする力を弱めることができるのです。

さらに腸内に善玉菌やヤセ菌を増やすことで、脂肪細胞のセンサーに直接、「それ以上脂肪をためないように」と指示を与えることができる、短鎖脂肪酸(たんさしぼうさん)を作り出せる相乗効果も。
短鎖脂肪酸は他、交感神経にも作用し、体温を上げるなど代謝にも関わることでより脂肪燃焼を進めてくれます。
以上のことを考えると、

  • 善玉菌を増やす乳酸菌を摂る
  • 食物繊維を摂る
  • 短鎖脂肪酸のひとつである、酢酸菌が入っているサプリ(LAKUBIなど)を飲む

といったことを意識すると、腸内環境が良くなってより脂肪をためこまない体になれそうですね。(参考:「腸内細菌も!食べ過ぎや運動不足だけじゃない肥満の原因」NHK健康ch公式サイトより

4.「酵素サプリ」脂肪分解パワーを上げる

「酵素サプリ」脂肪分解パワーを上げる酵素とは、体内に入った脂肪や糖をエネルギーに変えるのに必要なたんぱく質のことです。
もともと、食べ物を消化したり、体の機能を動かしたりと人間が生きていくうえでは欠かせないものですが、大きく分けて2つの種類があります。

  • 潜在酵素:人間の体内にあり、食べ物の消化、細胞の再生などに使われる
  • 外部酵素:食べ物から取り入れられる酵素(食物酵素)

潜在酵素は加齢とともに減ってしまううえ、脂肪や添加物たっぷりの食事が続くと消化に負担がかかって多く消費されがちです。

そうなれば細胞に脂肪がたまりやすくなり、肌の調子も悪くなる、体がだるいといった症状が出てくることが考えられますね。そんな弊害をふせぐためにも、食事から酵素を摂って体内に元からある酵素のはたらきを助ける必要が出てくるのです。

それには、

  • 生野菜やフルーツを食べる
  • 漬け物や味噌といった発酵食品を食べる
  • 野菜や海藻に含まれる食物繊維を摂る

といった方法が酵素を増やす近道です。

ただ欠点として酵素は熱に弱く、48度以上になると活躍できなくなってしまいます。毎日、生野菜を食べるのはつらい、という場合もありますよね。
そのため、生で活性化できるよう加工された酵素サプリ(まあるい旬生酵素など)を摂ることをおすすめします。

5.「酵母サプリ」糖質をエネルギーに変える!

「酵母サプリ」糖質をエネルギーに変える!酵母は、味噌、しょうゆ、チーズといった、発酵食品を作る際に必要な存在です。
酵素と混同されがちですが、酵母は生きた微生物であり、5~10ミクロンと非常に小さいもの。そんな酵母が起こす、糖を分解するという作用がダイエットとして着目できる点です。

例えば酒造りでは、お米のでんぷんを糖分に変えた後、酵母が糖分を分解し、アルコールに変えます。同じ原理で、酵母と一緒に食事を摂れば、胃の中に入ってきた

  • 炭水化物などの糖を分解
  • 糖質をオフして、体に吸収される量が少なくなる

という効果が見込めます。
プレミアム酵母公式サイトでは、砂糖水のカロリーが酵母によってゼロになる、という実験動画が公開されています。


他にも酵母には、アミノ酸やクエン酸といった体に有効な成分を生み出したり、酵素の母体にもなるので体の代謝もアップ!さらに近年では酵母から、酵母ペプチドDNF-10という食欲を抑えたり脂肪の合成を抑制するダイエット素材が発見されました。

その酵母ペプチドDNF-10入りのクッキーを摂取したうえで、体重の変化を測定する実験も行われています。(参考:酵母の力を生かした新世代ダイエット素材/(株)ヘルシーナビ

ダイエットサプリの効果、口コミから検証

View this post on Instagram

Chitose Imanishi(今西千登瀬)さん(@chitoseimanishi)がシェアした投稿


ダイエットサプリを購入するうえで、口コミはチェックしておくべきポイントです。多くの声の中から参考になる口コミをいくつか取り上げてみました。

サプリを飲んで痩せた!人の声

(シボヘール)
最初は半信半疑でしたが、今や3回も購入しています。2ヵ月で5kgも減って、目標のあと-2kgも近くなってきました!(30代女性)

(ラクビ)
3ヶ月間続けた結果、ウエストが10cm減です。そして体重は4kgも減って、うれしいです。暴飲暴食しないなど食生活に気をつけて継続していきたいです。(20代女性)

(カメヤマ酵母)
飲み始めて2ヵ月目。便通が良くなって、体重も少しずつ落ち始めました。まずは半年間、続けます!(40代女性)

(カロリナ酵素プラス)
もともとダイエット中でしたが、体重が減らなくなって酵素を取り始めました。たんぱく質多め、プチ糖質オフで4日で1kg減。久しぶりに体重計がマイナスに動いてうれしかったです。(30代女性)

体重が減った、という数値で現れるとモチベーションもアップしますね!また見た目で痩せ効果を感じる人もいるようです。

飲んでるのになぜ?効果なし!の声

飲んでるのになぜ?効果なし!の声

(カメヤマ酵母)
飲み始めて2週間ですが、食事に気をつけると微減、またはキープ、飲み会の次の日は少し増えてる、という感じなので、今のところ効果なしです。でも腸が動いている感じがするので、もう少し様子を見ます!(20代女性)

(大人のカロリミット)
ジムでバイクをこいだり体を動かしてはいますが、食事をする時にギムネマを摂っても体重に変化なしです。1ヵ月ではまだ早いのでしょうか。(30代男性)

(メタバリア)
サラシアを摂り始めて1週間後、お腹が張る?というか動いている感覚があり、体の変化があったのでうれしくなりました。でもその後数日は何も感じられません。継続してみないとダメなのかも…。
(30代女性)

サプリを飲みながらの詳しい食事内容は分かりませんでしたが、まだキープ状態という人も多いようです。腸が動いてきた、と少しずつ代謝が上がってきたのを感じている人も

サプリで痩せないのはなぜ?本当に痩せたいなら知っておきたいQ&A

サプリで痩せないのはなぜ?本当に痩せたいなら知っておきたいQ&Aダイエットサプリは、効果がよりパワーアップするように酵素と乳酸菌、もしくはギムネマとキトサンが一緒に入っていたりします。それでも、成分自体が自分の体質と合っていなかったら??と疑問はつきないですよね。Q&Aで解決しましょう!

ダイエットサプリ別に合う体質はあるの?

ダイエットサプリ別に合う体質はあるの?体質や、普段好む食べ物によってもサプリとの相性はあります。
例えば防風通聖散といった漢方がベースのサプリでは、

  • 高脂肪の食事が好き
  • 内臓脂肪でおなかがポッコリしている
  • 便秘がち

という、いわゆるメタボタイプの人に合います。

同じ便秘がちという点では乳酸菌サプリも良いですが、下痢なども起こしやすい過敏性腸症候群の人は摂取を慎重にしたほうがいいでしょう。その他、

  • ダイエット中でも甘い物を少し食べたい…カロリミット、サラシア
  • こってりした食事が好き…キトサン
  • 主食はあまり抜きたくない…カロリミット、ファセオラミン
  • 野菜が嫌い、もしくはファスティングダイエットに慣れている…酵素サプリ

といった、普段の食生活に合ったものから少しずつ効果を高めていくほうが、無理なく長続きするのではないでしょうか。

運動が苦手…サプリだけ飲んでやせる?

運動が苦手...サプリだけ飲んでやせる?食事制限+サプリでも効果は見られますが、運動もおすすめします!
なぜならサプリだけに頼ると、糖質オフしてくれるサプリを飲んで安心して、食事の糖質を摂る量が前よりも増えてしまった、というよくある失敗談の例におちいりやすくなってしまうため。

そのため、運動といっても

  • 駅は階段を使う
  • スクワットを1日10回
  • ウォーキングがてら歩いて買い物に行く

といったことでも体は代謝を上げていくので、鍛えたり走ったりしなくても「体を動かす」といった意識でも効果は上がるようです。習慣づけたい場合は、普段よりも少し糖質を控えめにして、食後に10分歩くというだけでも血糖値を上げすぎず、結果的に脂肪もつきにくくなるようですよ。

他、カルニチンなどはランニングやウォーキングなど有酸素運動をする前に飲むと、より脂肪燃焼をスムーズにしてくれます。

ダイエットサプリで代謝を上げて、着実にヤセ体質に変身

ダイエットサプリで代謝を上げて、着実にヤセ体質に変身ダイエットサプリに含まれる成分を調べてみると、実証実験などで実際にダイエット効果が表れた!といううれしい結果もあることが分かりました。それでも、ただ糖質や脂肪をカットするだけでは体重は減らない!というデータも出ています。細胞がエネルギーを作って脂肪を燃焼するためには、鉄分やビタミンBなど他のミネラルも必要、とのこと。

普段の食事の栄養面を意識しつつ、脂肪の元はカット&代謝アップできるようなサプリも取り入れられれば、より健康的な痩せ体質になれそうですね♪

あなたの目的別ランキングもチェック