SlimStyle

ダイエットサプリの選び方のポイントはなに?購入前に知っておきたいポイントまとめ

ダイエットサプリの選び方のポイントはなに?購入前に知っておきたいポイントまとめ

サプリを飲んでやせるなら、ぜひ試してみたい!と思いませんか?
でもお店でもネット上でも目に飛び込んでくるのは「飲むだけでマイナス〇〇kg!」という文字や、やせた後のモデルさんのスリム画像ばかり…。SNSで芸能人もおすすめ!というパターンもとっても多いですよね。

ここまで情報があふれていると、何を基準に商品を選べばいいのか、迷ってしまいます。
宣伝の大きさなどはひとまず横におきましょう。そして人気商品はチェックしつつも、本当におすすめできるダイエットサプリの選び方とは何か、一緒に探っていきましょう。

やせ効果を最大限に出すために、食事や生活スタイルに合わせて選ぶ

やせ効果を最大限に出すために、食事や生活スタイルに合わせて選ぶ

サプリはお手軽に飲めるので、これでカンタンにやせてしまう~と夢が広がってしまいますよね。でも普段のライフスタイルや食事に合ったサプリを選ばないと、目に見える効果も違ってくるかも。初めに、自分に合いそうなサプリの種類を知っておきましょう。

おなかポッコリを解消したい!ついてしまった脂肪を燃やすには

おなかポッコリを解消したい!ついてしまった脂肪を燃やすには二の腕やおなかの、しっかりつまめてしまうお肉が気になる、という方は脂肪燃焼型サプリをおすすめします。燃焼、というとメラメラと脂肪を溶かすイメージですが、実際はついてしまった脂肪を分解しやすくしてくれるそう

効果があると実験結果が出ている成分は、

  • イソフラボン(葛の花由来)
  • 防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)

など。

なお、体に脂肪がついてしまう要因は遺伝やストレスなども関係しますが、一番はやはり消費カロリーよりも摂取カロリーが多いこと

  • 日ごろ運動はしていない
  • 体脂肪率が女性平均の20〜29%を超えている
  • 基礎代謝量が低下してくる30~40代、またはそれ以上である
  • 脂質が多い食事が好き
  • メタボ体型といわれた

脂肪はさまざまなホルモンを分泌して体を動かす役目も果たしますが、つきすぎると肥満や病気の元になります。

以上の項目に思い当たる方は、シボヘールEGタイトLightといった蓄積脂肪解消に導くサプリで、”脱プヨプヨ”体型を目指しましょう。

ご飯、パンをやめられない!主食はしっかり派の方に

ご飯、パンをやめられない!主食はしっかり派の方に糖質は太る、ということはなんとなく知っているけれど炭水化物や甘い物を抜くのはつらい!という方は糖質ブロックタイプのサプリがおすすめです。

  • ギムネマ
  • サラシア
  • ファセオラミン(インゲン豆由来)

といった成分が、体の中に入った糖質をカットし、ギムネマに関してはたまった脂質の代謝もうながすといった研究結果が出ています。

糖質はもともとエネルギーに変わるのが早く、空腹時には真っ先に欲しくなる栄養素です。
ところが摂取しすぎると血糖値が上がり、脂肪に変わるという困った特徴が。そして体にたまった脂肪がエネルギーへと変わる、という肝心な機会を失ってしまうのです。

  • ご飯、パン、麺類などの主食は抜きたくない
  • ダイエット中でもたまにデザートが食べたい
  • ファーストフードが好き
  • ケチャップなどソース系はよくかける
  • 血糖値が高いといわれている

といった方には、まさに救世主的なサプリといえます。

食事で糖質を減らすのがダイエット成功への早道になる、という説が濃厚ですが、節食ストレスで挫折してしまいがちな人はまずはここから試してみるのも良さそう。
なおギムネマ配合サプリは大人のカロリミット、サラシアはメタバリアSが口コミも多く人気商品です。

編集部Voice
炭水化物カットの他、食事の取り方でココに気をつければ、するするっとやせていくかも♪例えばあなたは、気がつくといつもコンビニのホットスナックやスイーツ、コーヒーといった同じものが欲しくなっていませんか?この衝動、体にある栄養素が足りていないせいで起こるのかもしれません。
例えば、
・甘い物が食べたい時……たんぱく質不足
・チョコレートが食べたい時……マグネシウム不足
・脂肪分が多いものが食べたい時……カリウム不足
・コーヒーが飲みたい時……鉄分不足
たんぱく質は食べ物をエネルギーに変える際に必要なアミノ酸の原料になり、マグネシウムは代謝促進に欠かせません。カリウム不足はむくみを引き起こし、鉄分が足りないと血流がとどこおって、冷えや疲れを感じやすくなります。これらの栄養素が足りていないと、ダイエット効果が薄くなってしまうばかりか、体の調子まで悪くなってしまうかも。
摂取カロリーを抑えてるのに、体重の減り方も少しだけ...というのは悲しいですよね!
サプリに加え上記のような、体に必要な栄養を食事でプラスしてあげるだけで、ドカ食いをなくして健康的にやせていくことができます♪

便秘がちで体が重い!体の中からすっきりやせたい

便秘がちで体が重い!体の中からすっきりやせたいお通じがない、体もむくみがち、という方は乳酸菌サプリを摂ってみましょう。
排出がうまく行われないと腸内の血流が悪くなり、栄養が全身に充分に届かなくなります。
結果的に代謝が下がり、脂肪が燃えにくくなるばかりか栄養不足の細胞がかえって脂肪をためこんでしまうそう。

そんな悪いサイクルを断ち切るために、

  • 乳酸菌
  • ビフィズス菌
  • オリゴ糖
  • 食物繊維
  • 酢酸
  • 短鎖脂肪酸(たんさしぼうさん)

といった、善玉菌を増やす成分を取り入れることはとても大事!意識的に毎日摂ることを習慣づけると、自然にやせやすい体になっていきます。
ヨーグルトなどの乳製品を食べれば、自然に腸内環境が良くなるのでは?と思いますが、ダイエットに関しては短鎖脂肪酸のはたらきに注目が集まっています。

短鎖脂肪酸は、脂肪をためるのはこれ以上はストップ、と直接脂肪に指令を与えることができるヤセ成分です。
食事で増やすこともできますが、ラクビのようにサプリにあらかじめ配合されているものも。

  • 便秘がち
  • 食べ過ぎていないのにやせにくい
  • 食物繊維が足りていないと感じる
  • 冷え性
  • ストレスがある
  • 睡眠不足が続いている

といったタイプの方はぜひ乳酸菌サプリの力を借りて、まずは腸を活性化してあげましょう。

たまった老廃物を流して美肌効果も!デトックスしてやせるには

たまった老廃物を流して美肌効果も!デトックスしてやせるにはダイエットするからには多少の食事コントロールや、体を動かすことも考えます、という方には酵素サプリが最も適しているといえます。

酵素とはもともと体の中に備わっている、消化や代謝に使われるタンパク質(潜在酵素)。
この酵素のおかげで細胞の再生や新陳代謝が日々行われていますが、加齢や食生活の乱れでどんどん体から失われていってしまうものでもあります。

そこで食物酵素を外から補い、

  • 不足しがちの潜在酵素のはたらきを助ける
  • 代謝を上げて脂肪の燃焼にまでパワーを発揮させる

というダイエット方法が導き出されました。

呼吸はもちろん、内臓のはたらきなど体のあらゆる組織や動作をつかさどるため、酵素不足は思ったより深刻。

  • 食事をお腹いっぱい食べてしまう
  • 疲れやすく、常にだるい
  • 頭痛がある
  • 便秘気味
  • 目の下にクマがある
  • 肌荒れがある

といった、体のめぐりが悪くどこか痛みがある、すっきりしない、と感じる人にはリカバリーになるサプリといえます。

ただし酵素は生野菜やフルーツに多く含まれているもの。毎日摂るのは大変なこともありますが、まぁるい旬生酵素のようなサプリを飲むことで代用は可能です。
添加物たっぷりの食事などは酵素を多く消費するので、多少の食事をセーブして一緒に酵素を飲むとより効果を感じやすくなるでしょう。

また似た言葉に酵母がありますが、こちらは発酵食品を作る際に使う微生物。
糖をエサにしてアミノ酸やたんぱく質に分解する性質があるため、こちらもプレミアム酵母といったダイエットサプリにもなっています。

編集部Voice
酵素を摂りたいけど、ただ生野菜や果物を摂るだけでは量が足りなさそう...と思いませんか?実は酵素の効果を2~3倍にもできる方法に、野菜をすりおろすというのがあります。スムージーも同じ原理ですが、毎日作るのはなかなか大変ですよね。そこでおすすめしたいのが、安価で、量もたくさん作れる大根おろしです。
イソチオシアネートという大根に含まれる成分は体の中から活性酸素までも追い出してくれる優秀な食材。お料理に使うのも良いし、ポン酢などをかけて食べるのもおすすめです。
また果物では脂肪を分解してくれる酵素が多いものとして、アボカドやグレープフルーツなどがあります。野菜や果物を毎日、意識して摂り続けるのはキツいという方は、まあるい旬生酵素のような、酵素の鮮度が保たれたサプリを飲むと楽チンですね!
なんでもまあるい旬生酵素には旬の野菜と果物、雑穀類や海藻、ハーブといった植物発酵エキスがなんと310種類も配合されているそう。熱に弱い酵素を壊さないよう、非加熱処理をして作っているので安心です。

価格や安全性は大丈夫?ダイエットサプリを買う前にココをチェック!

価格や安全性は大丈夫?ダイエットサプリを買う前にココをチェック!ヤセるという効果だけに目が行きがちなサプリですが、有効な成分は間違いなく入っているか?体にやさしいものかなど、選ぶうえでのいくつかの重要ポイントを挙げてみます。

ダイエット効果が認められている成分が、きちんと入っていること

ダイエット効果が認められている成分が、きちんと入っていることサプリは医薬品ではなく、「健康食品」の部類に入ります。そのため、原料の製造方法、保管、販売に関する一定の規格がある訳ではありません。薬のように、こんな症状に効く、という表現はしてはいけないことになっており、パッケージの成分の書き方も自由なのです。

裏を返せば大げさに宣伝できることも可能で、「飲むだけで激やせ!」「脂肪を溶かすサプリ」といったものは存在しないと言っていいでしょう。

では、どうしてダイエットサプリがあるの?と思いますが、それは脂肪燃焼やカロリーカット効果が見られる成分がサプリに配合されているため。
その見極め方のポイントは、成分に以下の効果効能表現があるかどうかです。

  • 特定保健用食品(トクホ)……人間の体に対して安全性や効果が化学的な立証によって認められるもの
  • 機能性表示食品……食品に含まれる成分とその成分の機能性を、企業などが届け出るもの

トクホのほうが消費者庁の認可が降りるのでより根拠がありそうですが、いずれも実験によって見いだされ、論文もそろっているものです。

サプリメーカーのサイトなどで、その点がしっかりと明記されているかどうか、手に取ったサプリのラベルを見て、〇〇抽出物、という表現ではなくしっかりと成分表示がなされているかは必ずチェックするようにしましょう。

ヤセ成分の含有量と、他の添加物もしっかり書いてあること

ヤセ成分の含有量と、他の添加物もしっかり書いてあることヤセ効果が期待できる成分入りのサプリを手にしたけど、ほんのわずかしか入っていなかったら?という場合も考えられますね。

そんな疑問は、やはりパッケージを見て読み解くことができます。まず、1粒あたり〇〇mg含有といった表示があるのをチェック。なかには全体量で表示されていて、具体的に1粒にどれくらい入っているか不明の商品も多く出回っています。そんな時は、原材料表示を頭から見ていきましょう

  • ヤセ成分
  • 栄養成分表示(たんぱく質、脂質など)
  • 添加物など

という順番であれば、有効成分はまとまった量で入っていると確認できます。
これは原材料は多く含まれているものから表示するという決まりがあるためで、他ビタミンやミネラルといった栄養素の配合量は必ずしも表示しなくてもOKというルールになっています。

また、気になるのが添加物です。
体に悪いという印象の添加物ですが、サプリを作るうえでは欠かせないもの。
例えば、

  • 粉を固める(錠剤タイプ)……乳糖、還元麦芽糖など
  • カプセルの原料……ゼラチン、セルロース、グリセリンなど

添加物を加えなければ、品質を保持できず、お手軽に飲めるサプリの形をキープしておくことはできません

ならば添加物ゼロの代わりに、使われている添加物もしっかり表示されていることで商品に信頼がおけますね。また近年ではトウモロコシなどのでんぷんを使ったりと、植物由来の添加物を使っているところも多く出ています。

サプリの味や形も大事なポイント!

サプリの味や形も大事なポイント!サプリは毎日、また食事の内容に合わせてその都度摂取するものです。薬を飲むのがもともと苦手な人もいるように、毎回つらい思いをしてサプリを摂るようであれば、ダイエットの計画も早々に崩れてしまうかも!

試してみようと思うサプリを探す際に、どんな形や味なのかといったことも前もってリサーチしておきましょう。

粉末タイプ

素材を細かく粉状にしたもの。または素材を元の原料から抽出し、その液体を乾燥させて粉砕するものもあります。
化学的な処理が少なく済むので、純度が高いものが多く、水に溶かして飲みやすいのが特徴。成分が直接舌に触れるので、味の好き嫌いが分かれることも。

顆粒タイプ

粉末よりも大きい粒で、取り出した時も周りに舞ってしまうことがなく扱いやすい形状です。
粉の状態の時に水やセルロースなどの添加物を加えて粒状にしますが、粉に続いて成分が損なわれにくいのが良い点。水にやや溶けやすいです。

錠剤(タブレット)

さまざまな大きさの粒に成型することができ、かみ砕いて飲むチュアブルタイプにすることも可能。
粉末や顆粒を圧縮して固めることで飲みやすくし、表面を糖衣などでコーティングできるので成分の変質、匂いをふせぐことができます。
胃の中に入るとすぐ溶けるような作りになっているものも。

ハードカプセル

ゼラチンやセルロースといった原料で作るカプセルの中に、粉末の成分を入れて閉じ込めたもの。容量を多く入れることができ、純度を高く保ったまま体に作用できるのが特徴的です。また液体に溶けるのがスムーズなので、飲み込むのに支障がない人にはおすすめできる形です。

ソフトカプセル

成分の周りをゼラチンでできたシートで覆い、楕円形などの形に仕上げたカプセル。
特徴的なのは粉末の他にビタミンEなど有効な油分を混ぜることができます。
劣化しやすい印象ですが、中央にある成分に空気が触れることをふせげるため、品質保持は優れています。

コスパは大事!続けやすい価格であること

コスパは大事!続けやすい価格であることダイエットサプリを購入して、こんなはずでは…とおちいる問題にコスパがかかりすぎることがあります。単純に、1ヵ月〇〇円以上サプリに費やすのはキツいorもったいない、という場合もありますし、知らず知らずのうちに購入額がかさんでいることも。

例えば通常は、サプリの種類によって1日に飲む目安量があります。(大体1~6粒、とゆるく決められていることも)ところが食事をする際に「サプリがあるから平気!」とついつい、食事量とサプリの摂取量が多くなることが考えられるのです。

すると当然、1ヵ月分だったはずの袋が半月でカラになり、追加購入!となってしまいますよね。
確かに口コミを読むと、

  • 1日に4粒と書いてあったけれど、私は6粒くらいでちょうど良い
  • 1日4粒だと、下痢っぽくなってしまう…

人それぞれの体質、体調に合わせて飲む量を増減しているパターンがとても多いです。
サプリは医薬品ではないため、過剰摂取は体に悪影響があるといえども、多少の量の調整はやむを得ない場合もあるといえます。

ただし、食事量とサプリ摂取量が同等では体型キープの力になるとはいえ、やせる目的からは外れてしまうもの。
大体1日にかかるサプリの値段を頭に入れたうえで、長く続けるうえで無理なく購入できるものを選ぶようにしましょう。

【1日分でいくらかかる?サプリの摂取量と参考価格】

  • 大人のカロリミット/1日4粒/1日分約93円/2,800円/30日分中
  • メタバリアS/1日8粒/1日分約165円/4,935円/30日分中
  • シボヘール/1日4粒/1日分約93円/2,800円/30日分中
  • EGタイトLight/1日12粒/1日分約332円/4,980円/15日分中
  • LAKUBI (ラクビ)/1日1粒/1日分約96円/2,980円/31日分中
  • まあるい生酵素/1日2~6粒/1日分約92円/3,980円/30日分中
編集部のワンポイント
ヤセ効果ばかり目が行ってしまいますが、これを見るとサプリ選びも少し真剣になっちゃいます!それでもまだまだ、サプリを購入するうえで知りたいことはたくさんありますよね。失敗しないように、今のうちに頭にインプットしておきましょう。

これでストレスフリー!間違いないサプリ選びのQ&A

これでストレスフリー!間違いないサプリ選びのQ&Aサプリを買う時に気をつけるポイントはだいぶ押さえられてきましたが、探すうちに出てくる疑問はつきないですよね。
よくあるQ&Aのなかから、代表的なものをいくつか取り上げてみました。

サプリに入っている成分、同じものでも鮮度が違うことがあるって本当?

サプリに入っている成分、同じものでも鮮度が違うことがあるって本当?サプリの成分は天然か、合成での分け方があり、鮮度は関係ありません。野菜やフルーツ、といった食材から抽出される天然素材の原料のサプリは、化学的な処理が少なく成分の吸収率もアップするため人気も高まっています。
ただし工場での技術コストなどもかかり、価格が高めで1粒に含まれる濃度が低くなる場合があるといった現実も出てきます。

一方で合成原料を使ったサプリは、安価で購入しやすく1粒に高濃度に成分を閉じ込めることができるというメリットも。
必ずしも天然でなくても、体に充分に作用するような配合量を持つサプリは多いです。天然、という言葉だけに過剰反応せずよく比較検討するようにしましょう。

ネットでの購入、よく見る返金保証って何?

ネットでの購入、よく見る返金保証って何?返金保証とは、決められた期間内に返品すれば購入代金が返ってくるシステムです。
サプリの他にも、化粧品やヘアケア製品などに適用されている場合もありますね。
よく見られる設定として、

  • 期間:14日~180日間ほど
  • 価格:期間内であれば商品代金を全額返金
  • 返品送料、事務手数料:購入者が負担

という場合が多いです。
しかし、

  • 期限内に返品するという旨を前もって〇〇日前までに連絡しなければならない
  • 購入時に同封されていた冊子や付属品などすべてそろっていないと返品不可

といった決まりも多くあり、手間がかかることは否めません。
さらに返品しようとカスタマーサービスに電話をすると継続を求められたり、ということもあるようで、きっぱりと断る意思を持つことも必要なようです。

まずはお試しで、味が知りたい、手ごたえを感じたいという方は念頭において利用できるサービスといえますが、基本的にサプリは長期間続けていくもの。
ある程度サプリの種類をしぼったら、飲み続けてしばらく様子を見るのが賢明なようですね。

お試し製品と定期コースにはワナがあるってほんと?

お試し製品と定期コースにはワナがあるってほんと?よく読んで理解すればワナではありません!
サプリを初回だけおトクな価格で購入でき、定期コースとして続けるシステムが増えています。

  • 初回、1ヵ月分などが20~80%オフの価格で購入できる
  • 送料無料なところも多い
  • 2回目以降も定価から割引価格で買える

という例が多く、じっくりと腰をすえてサプリを試したい人にはおすすめできます。
ただし途中で定期コースをやめたいという場合は注意が必要です。
定期コースとは、定期購入、という意味で、初回に格安で購入した後に、2回、3回と決められた回数を申し込んだ後でないと解約できないパターンが多いのです。

  • 初回限定
  • お試し便
  • 定期お届け便

といった言葉が出てきたら、俗にいう「定期の回数縛り」があるなと理解して注文を考えることが必要です。また通販サイトによっては定期コースの案内の文字が小さく表示されている、または「特定商取引に基づく表示」という別ページに表示されていることも。

1ヵ月分だけ試したい!という方はもちろん、コスパ的にも余裕がないという場合は定期コースの有無もよく調べておく必要がありそうですね。

通販VS市販!購入するならどっちがおすすめ?

通販VS市販!購入するならどっちがおすすめ?どちらもおすすめできます。
通販は定期コースなど危険が多い?というイメージを持つと、店頭に並んだダイエットサプリだけ注文したくなることも。
ところが通販、市販とどちらも良い面、悪い面があります。

市販のダイエットサプリの特徴

【メリット】

  • 欲しい時にすぐに手に入る
  • 大手メーカーのものが多く安心できる
  • 手に取って成分などをじっくり見れる
  • お店の人に尋ねることもできる

【デメリット】

  • ネットに比べて置いてある種類が少ない
  • 在庫がない場合がある
  • 値段が小売価格でお店のポイント等での還元のみ

通販のダイエットサプリの特徴

【メリット】

  • 特許成分入りなど新作の商品情報がすぐに分かる
  • 割引があったりポイントなどでも買えることがある
  • 特典やサンプルがついていることもある
  • 在庫切れがない
  • 定期コースで申し込める

【デメリット】

  • 実際に手元でじっくり見て購入できない
  • 信頼できるメーカーかどうか不明な場合も
  • 申し込んで手元に届くまで時間がかかる

実際に店頭にある商品は、CMなどでもおなじみの物もあり親しみやすい印象があります。
また大手メーカー製品が多く置いてあり、公式通販サイトを使ってネット購入もできるようになっている場合がほとんど。そのため、手に入れられる間口の広さは知名度のある企業で作られたものが一番!といえます。

それでもネット販売もおすすめできる点としては、商品に含まれる成分の独自性が多く見られるということ。まだあまり知られていない会社の場合、良い商品をできるだけ経費をかけずに販売するため、ネット通販のみに絞っていることもあります。

そして同じくネット経由での購入者が多い場合、口コミなども多く参考になる意見がたくさん見られる利点があります。

海外製品と国産産サプリ…何がどう違うの?

海外製品と国産産サプリ...何がどう違うの?成分の含有量と、品質管理の決まりに違いがあります。
例えば健康保険制度に必ず従わずとも良いアメリカでは、医療費の負担を減らすため、サプリはいわば病気の予防薬としても用いられています。そのため、

  • 成分の含有量が日本に比べて多い
  • ビタミンなどの栄養素も多く含まれる
  • 人気商品であれば価格が安く設定でき、安定して提供できる

いう特徴があります。
ただし、あくまでも原料の生産地の情報や製造過程などが公開されているなど、品質の安全性がしっかり認められた商品であることが前提です。
アメリカであれば、

  • FDA(食品医薬品局)での承認
  • GMP(適正製造規範)を満たす工場で製造

といった厳しい条件をクリアして作られた製品であることが条件といえるでしょう。

一方、日本国内で作られるサプリは、すべてGMP規定に準じた工場を通している訳ではなく、栄養素が体に欠乏しないよう補う、という観点に基づいています。海外製にくらべて圧倒的に量が少ないように感じてしまうののはそこにあります。ただ外国人との体型や体質の違いもあり、海外製は物によっては刺激が強い場合もあるのは確か。まずは国内で適正に作られたサプリから試してみるのをおすすめします。

ダイエットサプリをかしこく選んで、最短でヤセBodyに近づく♪

ダイエットサプリをかしこく選んで、最短でヤセBodyに近づく♪今、人気のあるダイエットサプリは、カロリーカットしてくれる画期的なものから、体の代謝を上げて排出機能を高めたりと、どれも効果がありそうなものばかり。
いろいろ欲しくなってしまいますが、短期間に手当たり次第飲んだり成分を確認しないと、

  • ヤセ効果が少なくなる
  • 体に負担がかかる
  • お金もかかってしまう

といった事態になりかねないため、慎重に選ぶ必要があることが分かりました。
やはり、食事や運動に少し気をつけること&自分の体質と相性の良いサプリを見つけることがダイエット成功の秘訣といえそうですね♪

あなたの目的別ランキングもチェック